2021.05.24共創パートナーに聞く
株式会社フリーステーション
小宮悦子様

ドコケア共創パートナーである、株式会社フリーステーション代表取締役の小宮悦子(こみや・えつこ)様にインタビューをおこないました。公的保険外での外出支援や、ドコケアとの連携に至った想いを語っていただきました。

株式会社フリーステーションの概要
今年で20周年を迎えた、訪問看護ステーション。「幸せな社会をつくる」を経営理念に、大阪府池田市で訪問介護事業、訪問看護事業、居宅介護支援事業を展開。

ドコケアと提携したきっかけを教えてください。

有償ボランティアで保険外のサービスをしていましたが「ボランティアで、どこまで提供するか?」また「職員が、事故などの不安を感じながらボランティアでするのは良くない」とモヤモヤしていました。そこにタイミングよくドコケアを運営するケアプロ株式会社より、ご案内をいただいたのがきっかけです。

実はドコケアの提案をいただく前に、利用者さんから「一人暮らしをしている弟さんが引っ越してこられるので、新幹線で迎えに行きたい」という依頼がありました。弟さんは車椅子。利用者さんもご高齢で車椅子の介助はできないので、看護師がひとりで付き添いました。このお出かけでは、ボランティアの立場で、どこまで事情に踏み込んで良いか迷いましたし、保険もなく不安はありました。
その方は、それを最後のお出かけと覚悟していたようですが、お出かけしてみたら予想していたものより難しくないと感じたそうで、それならばドコケアを使ってお出かけしていただければ、管理者としても安心してご案内できると考えました。

ドコケアと提携した理由を教えてください。

セルフ健康チェックや、新卒訪問看護師の教育などに力を入れているケアプロさんだったら、ドコケアのような新しい事業をされていることにも信頼があるので、提携しても安心だなと思いました。

また、今までにボランティアで移動支援をおこなったケースでも、ヒヤヒヤしたことがありましたが、ドコケアは損害賠償保険に加入しているので、介助者にとっても万が一のときにも安心だと思いました。

無償で移動支援をする問題点を教えてください。

勤務時間にボランティアで保険外のサービスを行っていたこともあります。すると、この人にはできるけど、この人にはできない、が生じ、サービス内容の公平性を保つのが難しいです。組織として勤務時間内で動くなら、誰もが同じ判断ができる基準をつくらないと公平とは言えません。

医療や介護、福祉の世界って、利用者さんが良かったと言ってくれたら、全てが良しとなる風潮があると思います。例えば、法律的なコンプライアンスでも「介護保険としては本当はNGですが、お困りの様なので」と対応すると「良い事業者ですね」と言われたりします。でもそれが本当に正しいのか、疑問に思うこともあります。その人に無償で行った分は、公費で賄っていますから。
善意でお手伝いしようという気持ちは良いことですが、組織として行動するとなると、線引きが難しいです。

どのような方にドコケアを利用してもらいたいですか?

職員には、自分の時間を本業以外の様々な活動にあてて欲しいです。堂々とドコケアの活動ができる環境があるので、みんなで助けあって活発に使っていきたいと思います。

利用者さんには、生活の質をあげるために使って欲しいです。
必要最低限の外出は保険も使えるので、自費サービスでは是非冒険してみて欲しいです。

ドコケアでは依頼者自身が、介助者を選ぶことができますよね。
弊社ですと、泊まりのお出かけを受けたいと言っている職員もいます。
また、英語が話せる職員もいるので、海外旅行にも行けるかもしれません。
利用者さんには、信頼ができるスタッフと一緒にお出かけの計画をしたり、冒険をしたり、その時間を楽しんでいただきたいです。

最後に、今後のドコケアに期待することを教えてください。

ドコケアと提携することで、こういったインタビューや共創パートナーとして掲載されるので、事業所の規模にかかわらず、ドコケア導入による広告や宣伝などのメリットがあると思います。

先日、介護保険ではカバーしきれないお困りごとを「あったらいいなアイディアコンテスト」として募集しました。今回の優勝者はお食事に行かれることを希望されたので、ドコケアの無料クーポンを利用してお出かけしようと思います。
コンテストでは他にも「ヘルパーでなく、看護師と病院に行きたい」という声もいただきました。「医療用語通訳」という看護師が通院に付き添う自費サービスもおこなっているので、今後もドコケアと連携してサービスを提供していきたいです。

今年の4月2日で、フリーステーションは20周年になります。この大きな節目に、初心にもどるのではなく、様々な取り組みを新たに始めようと思っています。
「今、リアルに困っていることをサポート」
「未来、課題解決に向けてチャレンジ」
この両輪でやっていきます。
質の向上を目指し、自費サービスもさらに充実させていくために、今後ともドコケアと連携していきたいです。


会社名:株式会社フリーステーション
事業内容:訪問介護事業、訪問看護事業、居宅介護支援事業
HPはこちら

ドコケアでは、交通医療の新たな社会インフラを “共に創る” 共創パートナーを募集しています。
ご興味のある法人担当者の方は、以下よりお問合せください。

共創パートナーについてのよくある質問はこちら

他の共創パートナー企業はこちら