2020.08.12お出かけ準備(依頼者さん・利用者さん編)

 


1.依頼書作成から正式依頼まで
―依頼書の作成
・利用者を選択します。
・基本情報を入力します。
・行動予定表を入力します。
・見積もり依頼をする介助者を選択します。

―正式依頼
・見積もりを確認します。
・正式依頼をします。

2.転ばぬ先の杖 ~準備をしっかりしましょう~
―5つのチェックポイント
―チャットを活用しましょう

 

依頼書の作成から正式依頼までの操作方法は下記のスライドをご覧ください。

PDFでもご覧いただけます。
PDF版はこちら

 

依頼者さんが介助者さんに見積書作成を依頼する際には、5つのチェック項目があります。
必ず確認しましょう。

5つのチェックポイント

①外出時に必要な介助や医療行為がチェックできていますか?
登録時に入力した「必要な【介助】【看護】項目」をもとに、介助者さんとのマッチングが行われます。
最新の身体情報が登録されているか、抜け漏れがないか、再度チェックしましょう。

②医療行為が必要であれば、主治医に相談し、依頼当日までに指示書(ドコケア利用日から6カ月以内発行)を介助者さんに提示する準備ができていますか?
医療行為が必要な利用者さんの場合、必要な医療行為を正確に介助者さんに伝えるために、主治医の指示書が必要です。

お出かけの内容が決定したら、早めに主治医に指示書の作成を依頼しましょう。
指示書は、利用者身体情報の入力画面からアップロードできます。

③主治医と相談し、診療情報提供書が必要であれば、ドコケア利用日に持参できる準備ができていますか?
主治医の判断によっては診療情報提供書が必要な場合があります。
こちらも早めに準備しておきましょう。

④外出時に必要な介助器具や医療機器として何が必要かリストアップして、準備を進めましたか?
お出かけ中に必要となる介助器具・医療機器は、全て依頼者さんが準備をする必要があります。
お出かけ先で「あれが足りない!」と慌てないために、しっかり準備しておきましょう。

⑤集合場所、移動経路、各目的地のバリアフリー情報を確認できていますか?
多目的トイレの有無、エレベーター・エスカレーターの有無などを、事前に確認しておくと安心です。
集合から解散まで、お出かけの1日の流れをイメージしておきましょう。

らくらくおでかけネットでは、鉄道駅やターミナルの「車椅子での移動情報」や「トイレの情報」がまとめられています。
ぜひ活用しましょう。

らくらくおでかけネット提供先「交通エコロジー・モビリティ財団」

 

チャットを活用しましょう

Vol.3「お出かけ時のマナー」でも紹介しましたが、ドコケアにはチャット機能があります。
vol. 3「おでかけ時のマナー」の記事はこちら

お出かけ前から介助者さんとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことで、緊張や不安を取り除くことができます。
ささいなことでも事前に確認・共有しておくことが大切です。

チャットで事前に確認しておくとよいこと
○当日の服装(待ち合わせをスムーズに行うため)
○日常生活で必要な介助の内容
○どのように介助をしてほしいか など

 

 

 

↓次のドコケア学の記事はこちら
Vol.5 お出かけ時の救護

↓過去のドコケア学の記事はこちら
Vol.1 お出かけ時の感染対策

Vol.2その① 登録方法(依頼者さん・利用者さん編)
Vol.2その② 登録方法(介助者さん編)

Vol.3 お出かけ時のマナー